rss ログイン
XOOPS X (ten) Distribution  - on XOOPS Cube Legacy 2.2.3

コンテンツ(Wiki) : 2013年の作品『クロスロード』は、「Side A」と「Side B」の2部構成になっている。「Side A」は一徹演じるシュンスケが主人公。 [媚薬最強]

2013年の作品『クロスロード』は、「Side A」と「Side B」の2部構成になっている。「Side A」は一徹演じるシュンスケが主人公。

「他の女と遊ぶことに口を挟まないこと」を条件にナツメ(水城奈緒)と付き合っているシュンスケの前に、媚薬最強大槻ひびき演じるミステリアスな女性・シオが「私、あなたのことが好きになりました」といって家にあがりこんでくる。 寂しさと強引さに負けたシュンスケがシオと寝た翌朝、巨人倍増シオは「彼女の大切さ、気づきましたか?」と言い残して去っていく。 この「セックスの天使」によってシュンスケが恋人の大切さに気付かされ、ナツメに電話をかけるシーンで「Side A」が終わる。

「Side B」はナツメが主人公で、時間軸的には「Side A」とパラレルである。 シュンスケの浮気癖にさすがに嫌気がさしてきたナツメを、幼馴染のヒロヤ(月野帯人)が慰めてくれるストーリー。よくある一つの幸せのかたちだ。

 ただし、注目すべきはラストシーンである。 ナツメは、改心したシュンスケからかかってきた電話を無視して(あるいは電話に気付かずに)、シアリス 通販夢中でヒロヤとのキスを続けるのだ。 電話が切れ、一瞬ふっとナツメが微笑んでまた口づけた瞬間、突如切断的にミステリアスなBGMが止まり、映像は暗転、スタッフロールが流れて作品は終わる(個人的に、SILK LABO作品屈指の演出だと思う)。 東大院生のポルノグラフィ研究ノート 服部恵典 東大 院生 東大院生 ポルノグラフィ 研究 『クロスロード』  ナツメにとってはハッピーエンドかもしれない。しかし、シュンスケからしてみれば、改心の甲斐なく彼女を寝取られ、これほどむなしい結末はない。 あんなに女性を幸せにしてきた「セックスの天使」は、男性には恋人とよりを戻すことを許さないのである。

 しかし、この作品が「それぞれが選んだ道・・・どちらが正しいかなんて、誰にもわからない―。」をテーマにしていることに注意しなければならないだろう。 タイトルになっている「クロスロード」は、英語で「(重大な決意をすべき)十字路、岐路」を意味する言葉である。

 シュンスケは「セックスの天使」に高い教科書代を払って、いま報われなかったがゆえに幸福になっていくのかもしれない。 ナツメだって、本当は電話をとるべきだったのかもしれない。 ただ観て満足するだけでなく、“セックスを描けるAVだからこその”「考え」て楽しむためのチャンスが、この作品にも眠っている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 786, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2016-06-30 (木) 11:48:14
最終更新: 2016-06-30 (木) 11:48:14 (JST) (968d) by ゲスト
まだ、誰もつぶやいてくれないのだぁ~ 淋しいなぁ~

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.